秋晴れの老犬ホーム九十九里パーク、ワンちゃん達のシッポとススキもゆれています(小型犬)その3編です。午前中は涼しくて過ごしやすいお天気でしたが…お昼前ころからお日さまが顔を出し青空の広がるすっかりと秋晴れとなった老犬ホーム九十九里パークです。(笑)施設内にある公園の縁側風スペースでは…なにやらスタッフが細かいお仕事をしているのでワンちゃん達も興味しんしん、お鼻をフンフンときかせながらわらわらと集まってきております。(笑)シェットランド・シープドッグのナツメちゃんは自慢の愛車を秋しようにカスタマイズ、両サイドにススキをゆらして不思議そうにお散歩です。(笑)ダックスフンドのサンタくんは…ひろ~いドックランでラブラドールのレオくんとスタッフと一緒に追いかけっこ。やっぱりサンタくんの足のはやさにはレオくんもスタッフもかないません。(笑)秋晴れの青空のしたそれぞれの一日を今日ものんびりと過ごしていますワンコ達です。(笑)次回の老犬介護ブログでは…ワンちゃん達の一日(小型犬)その4編を公開する予定です。あたらしいお友達のワンちゃん達もふえ…老犬のワンちゃん達にのんびりと流れる九十九里パーク時間。お天気の状態やその他の都合により予定を変更することもあるかと思いますが、老犬ホーム九十九里パークのゆかいな仲間たちを今後もヨロシクお願いいたします!

ワンちゃん達の一日(プニプニ肉球編)

  
〇サンタくん「あら~スタッフさん…これブドウじゃな~い?では味見を~。」パクリ
〇スタッフ「サンタくんダメですよ~それはオモチャだからちゃんと返してね~。」(笑)
  
〇ナツメちゃん「ワタシの肉球ですう~スタッフさんが可愛い肉球かいてくれたの~。」ウフフ~
〇スタッフ「ナツメちゃんの愛車が秋仕様にへんし~ん、なんだかお正月のかざりみたい…。」(笑)
  
〇スタッフ「ねえねえリッキーく~ん…ルーディーくんとすこ~しかぶってるかも~。」(笑)
〇ルーディーくん「スタッフさんに抱っこされて~サラサラ風が吹いて~眠くなってきちゃったの。」ウトウト
  
〇ごまくん「もう~スタッフさ~ん…これススキなの~?なんだかおコメの稲みた~い。」ウフフ
〇スタッフ「ごまくん本当だね~これススキって言わなければおコメの稲みたいだね。」(笑)
  
〇リッキーくん「これが可愛いボクの~可愛い肉球で~す、はい記念写真とりま~す。」パシリ
〇スタッフ「ススキからニョキっとリッキーくん…いつも楽しんでくれて嬉しいです。」(笑)
  
〇こまちちゃん「風が吹いてきたの~肉球が飛ばないようにちゃんとおさえてあげたの~。」ピタッ
〇コロンちゃん「ワタシとススキとこまちちゃん、スタッフさんのお手てがプルプルなの~。」ウフフ

老犬ホーム九十九里パークのホームページはこちら