年を取ってくると、愛犬の生活にもさまざまな変化があらわれます。
・ソファーに飛び乗って寝ていた→床で寝ていることが増えた気がする
・引っ張りっこのおもちゃでいっぱい遊んでいた→最初は遊ぶけどすぐ放してしまう
など、生活習慣やクセが変わってきたら老化のサインかもしれません。
20141228_045406326_2  IMG_3072
子供の頃を思い出しながら、今の 愛犬の生活習慣をよく観察してみると
行動や動きや外見の変化にヒントが隠されていることがあります。
もうこんなに時間がたったんだなあ…と想い出にひたるにもよいですが
飼い主としては老化を受けとめるこころの準備を始めるタイミングでもあります。
生き物にとって、老化やその先にある永遠のお別れは必ずおこりえる事なので
老犬として充実した人生を全うする為には…を少しづつ考え準備をしておくことが
共に過ごしてきた大切な愛犬にとっても大事なことだと感じます。
関東 犬の介護施設「老犬ホーム 九十九里パーク」はこちら