老犬ホーム九十九里パークこうれいの…九十九里海岸の海さんぽにいってきま~す!(小型犬)その5編です。2018年もあっという間に11月…ついこの間2018年の戌年(イヌドシ)のお正月のイベントで写真を撮りまくっていたような気がします。老犬ホーム九十九里パークのお仕事をしていると、ワンちゃん達と一緒に公園やドックランのお外で過ごす事も多いので、気温やお天気やお日さまの動きなどで季節の移り変わりをカラダいっぱいに感じる事ができます。(笑)これから秋から冬にかけての少しづつ変化していく空気やお日さまの様子と一緒に、こうれいの九十九里海岸の海さんぽを楽しみながら個性的でキュートなワンちゃん達の様子を、スタッフの妄想もまじえながらワンちゃん大すきな皆さまにお伝えできればと思います。(笑)今回はライルくんナツメちゃんカップル、チャオくんぱぴいちゃんのチームパピヨン、モフモフのチビくんチャッピーくん達と一緒に、海の風のように砂浜を走り抜けまくってみました。お日さまポカポカでも秋の季節の海さんぽは過ごしやすくとっても気持ちいいですね。(笑)次回の老犬ホームスタッフブログでは…ワンちゃん達の一日(小型犬)その6編を公開する予定です。お天気の状態やその他の都合により予定を変更する事もあるかと思いますが、九十九里の秋の風にふかれながらフンフンとお散歩するワンちゃん達を温かい目で見守っていただけたらと思います。

ワンちゃん達の一日(海さんぽ編)

  
〇ライルくん「おお…肉球がシットリでペタペタ~なっちゃんもペタペタする~?」ジャ~ン
〇ナツメちゃん「うん…ペタペタするね~ライルくんのあしあとの方が大きいね~。」ウフフ
  
〇ナツメちゃん「海の風が~したからあがってくる~このまま~浮いちゃうかも~。」フワ~ン
〇スタッフ「なびいてるなびいてる…なっちゃんのやわらかい毛がフワッとなっておる。」(笑)
  
〇チャオくん「チャオ~!海さんぽ中のチャオだよ、いっぱい走ってちょっと休憩なの。」フウ~
〇スタッフ「チャオくんぱぴいちゃんチビくんチャッピーくん、皆いっせいに走る走る。」(笑)
  
〇ぱぴいちゃん「ワタシが紹介するの~ハマグリくんの彼女グリミちゃんヨロシクなの。」ジャ~ン
〇スタッフ「ぱぴいちゃん…ちょっと腰がひけてるけど、上手に紹介してくれてサンキュー!」(笑)
  
〇チビくん「チャッピーくんが先に走るから~ボクも負けないように走っちゃうの~。」プリプリ~
〇スタッフ「チームポメくん達の可愛いいプリプリのおしり…連写したくなってしまいます。」(笑)
  
〇チャッピーくん「チビくんが先に走るから~ボクが付き合ってあげてるんだもんね~。」ピョ~ン
〇スタッフ「海っていうものは…走ったり濡れたりスベッたりもできる所なんだよ楽しいね。」(笑)

関東・老犬介護・老犬ホーム九十九里パークのホームページはこちら